▷特集!『7FATES:CHAKHO』

V(テテ)OST『Christmas Tree』日本語訳と楽曲情報

テテOST クリスマスツリー

テテ(V キム・テヒョン)が歌う『Christmas Tree(クリスマスツリー)』は、テテの親友で俳優のチェ・ウシクさんが主演するドラマ「Our Beloved Summer – その年、私たちは」のOSTとしてリリースされました。

こちらの記事では『Christmas Tree』の歌詞と日本語訳を紹介しながら、楽曲に関する情報を詳しくお伝えしていきます。

テテ(V キム・テヒョン)OST|Christmas Tree(クリスマスツリー)歌詞 日本語訳

今この瞬間

僕は君に出会う

いつでも巡り会えると

僕が信じていた通りに

 

雨が止んで

君が僕を照らす

君の光が 寒さを防ぐ唯一の手段だよ

 

夏の夜の月

星達がささやいてる

その歌声はまるで 僕たちのためのクリスマスツリー

 

だから僕が教えてあげよう

百万個の小さなお話

君はきっと知らない

僕の心の中で絡まっていた全てのこと

 

そして君に話そう

百万個の小さな理由

君の瞳に恋をしたことも

 

僕はただ君のそばにいたいんだ

 

なんだかすごく不思議だから

時々君がわからなくなるよ

でもいつだって戻ってしまうんだ

君のいる場所まで

 

知ってるかな

君には僕だけが知っている姿があるんだよ

真夏の夜に降る初雪のように

まるで奇跡みたい 信じられない瞬間、君は

 

いつかまた

吹き過ぎる風に

心が飛び乗ってしまっても

待ってるよ

 

だから僕が教えてあげよう

百万個の小さなお話

君はきっと知らない

僕の心の中で絡まっていた全てのこと

 

そして君に話そう

百万個の小さな理由

君の瞳に恋をしたことも

 

僕はただ君のそばにいたいんだ

 

教えるよ

百万個の小さなお話

君が知らなかった

心の中で絡まる全てのこと

教えるよ

百万個の些細な理由

僕は君の瞳に恋したんだ

 

ただ君のそばにいたいんだ

『Christmas Tree』の歌詞が意味することは?

この曲はドラマ「Our Beloved Summer」のストーリーに合わせて作られています。

仲の良い恋人同士だった2人に別れが訪れ、主人公は納得のできないまま彼女への想いを抱えて暮らしている。

そんな日々の中、ひょんなことから彼女と再会を果たし、物語が展開していく

こうしたドラマの筋書きにあわせているので、最初の「今この瞬間/僕は君に出会う/

いつでも巡り会えると/僕が信じていた通りに」というフレーズになるわけです。

別れて寂しかったけど、いつかまた会えるとチェ・ウン(チェ・ウシクさん)は信じていて、その通りにクク・ヨンス(キム・ダミさん)にもう一度会えた、と。

だから、別れていた期間に心の中に積もり積もっていた100万個の些細な想い、どれだけ君を想っていたかを、聞いてほしい

「君ちょっと変わり者だけど、僕はそんな君の居場所になりたいと思ってるんだよ」と、チェ・ウンは言うわけです。

ただ、奔放なクク・ヨンスは吹く風に任せてチェ・ウンから心が離れてしまうこともある。けれど、それでも僕は待ってるよ、と。

そういう意味の歌詞になっています。

ブイラで予告していた『Christmas Tree』のリリース

ドラマ「Our Beloved Summer – その年、私たちは」のOST、テテが歌う『Christmas Tree』は2021年12月24日のクリスマスイブに発売されました。

以前のV LIVEの時に「クリスマスイブに曲をリリースする」という発言がテテからありましたが、この曲のことだったのでしょうね。

ただ、V LIVEの時は「ジョングクと一緒に作業した曲、みたいな曲」と、ちょっと分かりにくい言い方をしていたので、もしかしてグクとテテのユニット曲?と期待もしていたのですが、テテのソロ曲でOSTだったとは。

予想外でしたが、とっても嬉しいサプライズでした😊

テテとグクの匂わせについては、こちらの記事にまとめています。

テテ『Christmas Tree』日本では遅れてリリースされました

韓国をはじめとして、アジア・アメリカなどでの発売日は2021年12月24日でしたが、日本では2022年1月13日から配信開始でした。

■リリース情報
「その年、私たちは」OST
2022年1月13日(木)日本配信スタート

○オリジナル・サウンドトラックPart.1/10CM
1. Drawer
2. Drawer(inst.)

○オリジナル・サウンドトラックPart.2/BIBI
1. Maybe if
2. Maybe if(inst.)

○オリジナル・サウンドトラックPart.3/Wanna One出身のハ・ソンウン
1. Squabble
2. Squabble(inst.)

○オリジナル・サウンドトラックPart.4/キム・ナヨン
1. There For You
2. There For You(inst.)

○オリジナル・サウンドトラック Part.5/V(BTS)🐻💜
1. Christmas Tree
2. Christmas Tree(inst.)

韓国ドラマOSTで初めて『ビルボードHOT100』にランクイン

テテが歌う『Christmas Tree』が、2022年1月5日に発表された『米Billboard Hot100』で79位にランクイン

韓国ドラマのOST(テーマ曲)がビルボード入りするのは初めてのことで、海外では大きなニュースになっていました。

米ビルボードだけではなく、イギリスの『Official Singles Sales Chart』と『Official Singles Download Chart』でもそれぞれ2位に入っていて、テテの人気が世界中に広がっていることが分かりましたね。

Spotifyでは発売初日になんと140万回ストリーミングされており、韓国ソロアーティストのOSTとして初めて「Top Songs Global」で初登場100位にランクインしていました。

楽曲自体が素晴らしいのは言うまでもないですが、テテの持つ声質や人柄にもぴったりマッチしているため、曲の世界観に入り込みやすいというのも人気の秘密ではないかなと思います。

リリースから約2時間でiTunesランキング1位を獲得!

2022年1月13日0時に日本でリリースされたテテの『Christmas Tree』。

なんとリリースから約2時間という速さでiTunes Music Japanのランキング1位を獲得しました。

テテ 1位にランクイン

テテの日本での人気の高さはもちろんですが、曲自体がとても素敵なので、「もっと聴きたい」「応援したい」と感じる人が多いのでしょうね。

『Christmas Tree』が80カ国以上で1位に!

テテの『Christmas Tree』は瞬く間に世界中で人気になっていて、ついに米国、日本、ドイツ、英国、フランス、カナダ、オーストラリア、オランダの8大音楽市場を含む80か国以上でiTunesの1位にランクイン👏👏

韓国ドラマのOSTが8大音楽市場で1位を取るのは、「梨泰院クラス」のエンディングテーマだったテテの「SweetNight」以来のことだったのです。

『Sweet Night』についてはこちらの記事でまとめていますので、よかったら合わせて読んでみてくださいね。

アジアのソロアーティストが8大音楽市場で2曲も1位を取ることは史上初

まさに、テテの人気がどれだけすごいのかを世界に見せつけているともいえますよね。

楽曲も素晴らしいですし、テテの歌が本当に素敵なので、相乗効果が生まれているのではないでしょうか。

テテ『Christmas Tree(クリスマスツリー)』1億ストリーム達成!

2022年4月27日、テテの『Christmas Tree(クリスマスツリー)』が、なんとSpotifyだけで1億ストリームを超えました!

リリースから124日で1億ストリームに達するのは韓国のソロ歌手として初めてのことです。

しかもテテのファンが多いと言われる日本ではリリース日が遅れて設定されていたにもかかわらず、歴代最速で1億回ストリームされたというのは本当にすごいですね。

何度聴いても飽きない、テテの歌声の魅力が数字に表れたように感じます。

「Our Beloved Summer」音楽監督ナム・ヘスンさんコメント

テテがOSTを担当したドラマ「Our Beloved Summer」の音楽監督Nam Hye Seung(ナム・ヘスン)さんが、インスタグラムでテテへのメッセージを投稿していたので紹介します。

ナムへスン インスタ

とても忙しい日程の中、喜んで参加してくれたキム·テヒョンさん。本当にありがとうございます。

おかげさまで、この歌のパズルが美しく出来上がりました。

「V」のボイスは、低音と高音とその間の中音がそれぞれ違った魅力を持っていて、曲を作る時にたくさん悩んでしまうくらい、本当に楽しかった。

Christmas Tree ^^

チェ・ウシクさん「ずっと聴いていたい」

ナム・ヘスンさんに続いて、チェ・ウシクさんもテテが歌うOST『Christmas Tree』についてInstagramでコメントを書いてくれました。

チェ・ウシク インスタ

ウシクさん「その年私たちは ost Christmas Tree 聴いても聴いても、ずっと聴いていたい

『ずっと聴いていたい』とのコメントで、テテの曲をすごく気に入ってくれているのが伝わりますね。

本当に何度聴いても飽きない、素敵な曲だと思います。ドラマの内容にもぴったり合っていますよね。

チェ・ウシクさんがインタビューでもテテに言及

インスタでテテのOSTについてコメントしてくれたチェ・ウシクさんは、3月4日に公開されたインタビュー記事でもテテについて話しています

インタビューの中でウシクさんは、「自分の俳優人生に残る大切な作品のOSTをテヒョンが担当したことは、とても意味深いことで感謝している」と言い、最初に聴いてとても好きな曲だったので「テヒョンが歌ったらもっと良いな」と感じていたこと、ドラマについてテヒョンとたくさん話したが、「彼は本当にドラマを愛してくれていた」などと語っていました。

テテの優しい声が胸に響く素敵な曲

これまでにもソロで素晴らしい楽曲をたくさん届けてくれているテテですが、今回の「Christmas Tree」も、胸がジーンとするような優しい曲で本当に感動しました。

おそらく作詞作曲はテテがしていないとは思いますが、「風景」や「Winter Bear」とも重なるような、心が静かに穏やかになる楽曲だと思います。

テテの歌声は、どうしてこんなに人の心を惹きつけるのでしょうか。他の人にはない不思議な魅力が、彼にはあるんですよね…。

私はテテのソロ曲は全部大好きなのですが、『Christmas Tree』は毎日聴いて癒されますし、飽きの来ない素敵な曲だと思います。

高音の部分が以前よりもすごく伸びが良くなっているような、すごく余裕が出ているような気がしました。テテは歌唱力がさらにアップしているかも知れないですね😚

テテがOSTを歌う韓国ドラマ「Our Beloved Summer」とは?

今回、テテがOSTに参加することになったのは、韓国ドラマ「Our Beloved Summer – その年、私たちは」です。

韓国ドラマOST

テテの親友であり「パラサイト 半地下の家族」でも注目を浴びた若手俳優チェ・ウシクさんと、「梨泰院クラス」で知られる人気女優キム・ダミさんが主演するラブコメディで、韓国SBSの新月火ドラマとして放送されていました。

その年、私たちは

テテとウシクさんはウガファミリーの仲間

テテの友人関係といえば必ず話題に上がるのが『ウガファミリー』ですよね。

チェ・ウシクさんもウガファミリーの一員であり、テテと仲の良い親友なので、今回のOSTが実現したようです。

テテとチェ・ウシクさん

テテはドラマ放送前にはBTS公式Twitterで宣伝するなど、今までになく力を入れている様子がありました。

仲の良い親友と一緒に仕事をできたことが嬉しかったでしょうし、少しでも力になりたいという気持ちも大きかったのだと思います。

同じくウガファミリーのPeakboyさんとはミュージシャン同士ということで、2020年のクリスマスに公開された「Snow Flower」を一緒に制作していましたね。

現在はアミに送る楽曲「Purple color」を現在共同で制作中とのことです。

ピークボーイとテテ

今回のOSTのように、テテがこれからもっとウガファミリーの皆さんとお仕事をともにして、どんどん活動の幅を広げてくれたらいいなぁ〜と、期待しています。