▷特集!『7FATES:CHAKHO』

テテ『Snow Flower (feat. Peakboy) 』日本語訳と解説

Snow Flower (feat. Peakboy) 』は、2020年12月25日0時に公開されたテテの自作曲です。

この曲は、2020年のコロナ禍で憂鬱な日々を送る人々のために「少しでも暖かい慰めと幸せを感じてほしい」という願いが込められています。

制作にはウガファミリーの仲間でありテテの親友のPeakboyさんが参加していて、曲中のラップも担当しています。

こちらの記事では、『Snow Flower (feat. Peakboy) 』の歌詞と日本語訳を紹介しながら、楽曲に関する情報を詳しくまとめてみました。

V キム・テヒョン『Snow Flower (スノー フラワー)feat. Peakboy』歌詞と日本語訳

ほら雪が

今日降ったんだ

何を準備すればいい?

君を迎える準備は OK

 

灰色

キャンバスの上に fallin

君が覆い隠してよ

世界を君にあげるから

 

冷たい季節の中に

君が来るのはイベント

僕の blue and grey を

溶かしてくれる 暖かい君

 

君のいないクリスマスなんて クリスマスとは言えないよ

僕たちの上には輝くヤドリギ ここには君と僕だけ

“愛してる”

 

世界中が白い花に覆われて

僕たちの時間が もっと特別になる

止まった時間の中で

悲しい君の笑顔に 花が降りますように

 

美しく世界が白く染まる時

色褪せたその色が君に滲んでいくよ

今年はあちこちに白い天使が多いじゃない

息を大きく吸って 君に似てるあの花を見てよ

 

僕のそばで暖かいぬくもりを感じて

冷たい君のきれいな手で僕の手をつかんで

君をずっと守ってあげる

一生君と一緒に白い雪を迎えるよ

 

ねえ 雪を見た?

君の瞳のような

サンタクロースを信じる?

君と暖かい

プレゼントを持っていくよ

目前に迫った この季節がくるたびに

 

恋に落ちたんだ

ただそう感じるんだ

僕のそばにいて

君と足並みを揃えて

この歌をうたうよ

 

“君といると もっといい人になりたくなるよ”

 

世界中が白い花々で覆われて

僕たちの雰囲気を さらに深めていく

消えた街灯の下で

笑う君の笑顔に 花が降りますように

 

日本語訳 / しろくま

テテ『Snow Flower』歌詞の意味

Snow Flowerというと「雪の花」というイメージがわきがちですが、テテはWeverse Magazinのインタビューで「雪の花」ではなく「雪と、花」のイメージだと語っています。

テテは「雪の降る日に、花が枯れずにそのままずっと咲いていたらいいなという気持ちでスタートした」と、『Snow Flower』を作った時の心境を語り、

「雪が降ると花は地面に散って、雪で世の中が覆われながら「花の雪」が「雪の花」になるみたいでした。それを見て抱いた感情で曲を書きました」と言っています。

抽象的な表現ですが、花に降り積もっていく雪が、いつしか花と溶け合って世の中を美しく覆い尽くしていくイメージなのだと思います。

クリスマスに願いを込めて

『Snow Flower』の歌詞の意味は、雪が降り、いよいよサンタクロースを迎えるという心楽しい季節。たくさんの悲しみや痛みがあふれる世界だけれど、クリスマスには全てがきれいに浄化されて、悲しい笑顔や冷たい身体に優しい温もりが戻ってくればいいな。

そんな、切実な願いが込められている歌詞です。

サンタが来れば世界が白く美しく染まって、悲しい気分を覆い隠してくれる。

それはほとんど願望なんだけれど、「そうだったらいい、そうでありたい」という、テテの優しい気持ちがあふれています。

Peakboyさんのラップパートはサンタクロースの言葉を表していて「君をずっと守ってあげる/一生君と一緒に白い雪を迎えるよ」という言葉が心に響きます。

そのあとに「サンタクロースを信じる?」という歌詞が出てくるのですが、サンタクロースを信じていれば、いつだってサンタと一緒にいられるという意味合いが含まれているのだと思います。

楽しげなメロディの中に、コロナ禍で冷え切った人々の心を少しでも癒したいという、テテの暖かい気持ちがすごく表現されているように感じました。

「白い天使」はコロナ禍で働く医療従事者のこと

Peakboyさんはフォロワーのメッセージに答える形で、この曲に出てくる「白い天使」は新型コロナと戦う医療従事者の方々をイメージしたと明かしています。

コロナ禍で陰鬱とした世界を少しでも明るくしたいという、テテとPeakboyさんの優しさがこの1曲にしっかり込められていますね。

たくさんの人にクリスマスプレゼントをあげたい

テテと一緒に『Snow Flower』を制作したPeakboyさんは、曲作りのきっかけについて、「たくさんの人々やファンのみんなにクリスマスプレゼントをあげたい」というテテの言葉から始まったと、インタビューで語っています。

作業中は「いいね、いいね」だけをお互いに言って褒め合い、気分を高めていたそうです。

テテも作業時のことをインタビューで語っていて、先輩達とお酒を飲みながら「一度一緒に曲を作ってみよう」という話になり、「いつ時間がある?今作ろうか」という感じで、3時間くらいで作ったのだそうです。

ほとんど即興で出来上がったにしてはすごく素敵な曲で、アレンジも抜群だと思います。

テテとPeakboyさんの信頼関係やお互いへの理解があるからこそ、こんなに良い曲をさらっと作れてしまうのでしょうね。

『Snow Flower』テテのお気に入りフレーズ

この曲の中には、”I love you” “Ladies and Gentleman This is Peakboy” “You make me wanna be a better man”などのセリフが入っていますが、全てテテの声です。

一瞬誰か別の人の声かと思うくらい、歌のパートとは全然違う「いい声」になっていて、テテ自身このセリフ達が気に入っているよう。

2020年のお誕生日Vliveでは、このセリフ部分について満足気に語っていました。

‘You make me wanna be a better man’は映画『恋愛小説家』のジャック・ニコルソンのセリフで、みんなに似ていると言われて嬉しかったみたい。

テテはInstagramでもこのセリフを引用しているので、ほんとにお気に入りフレーズなのでしょうし、アミ達にぜひ伝えたい言葉なのだと思います。