>> BTSメンバーからの10周年メッセージ

BTS グループ・ソロ曲「米ビルボード HOT100」順位まとめ

グループでもソロでも、米ビルボードチャートの歴史を塗り替え続けているBTS。

2022年から始まったメンバーのソロ活動では、7人全員のソロ曲が「米ビルボード HOT100」にランクインするという快挙を達成しました😳

こちらの記事では、BTSメンバーのソロ曲とグループとしてリリースした曲の中から「HOT100」に入ったものを順位とともに紹介します。

目次

BTSソロ曲「ビルボード HOT100」順位 一覧

まず最初に、BTS7人のメンバーがソロでリリースした曲の中で、米ビルボード HOT100にランクインしたものを紹介します。

順位はピーク(一番高い順位)時の数字です。HOT100は毎週火曜日公開ですが、発表日付はその週の土曜日と表記されます。

スクロールできます
順位アーティスト曲名チャート発表日付
1JIMINLike Crazy2023年4月8日
1Jung Kook feat. LattoSEVEN2023年7月29日
22Charlie Puth feat. Jung KookLeft and Right2022年7月9日
29Juice Wrld and SugaGirl of My Dreams2021年12月25日
30JIMINSet Me Free, Pt. 22023年4月1日
51JINThe Astronaut2022年11月12日
51VSlow Dancing2023年9月23日
58Agust D(SUGA)Haegeum2023年5月6日
60J-HOPE with J. ColeOn the Street2023年3月18日
65Kodak Black feat. Jimin , JVKE & Muni LongAngel, Pt. 12023年6月3日
76Agust D(SUGA)Daechwita2020年6月6日
76TAEYANG feat. JiminVIBE2023年1月28日
79VChristmas Tree2022年1月8日
80PSY feat. SugaThat That2022年5月14日
81J-HOPE feat. Becky GChicken Noodle Soup2019年10月12日
82J-HOPEMore2022年7月16日
83RM with youjeenWild Flower2022年12月17日
95Jung Kook Prod. SUGAStay Alive2022年2月26日
96J-HOPEArson2022年7月30日
96VLove Me Again2023年8月26日

ジンさん 初ソロ曲「The Astronaut」がHOT100入り

ジンさんは、ソロ歌手として初めてリリースした「The Astronaut」がHOT100の51位に入りました。

BTSソロ活動開始から兵役の入隊まで時間の余裕がなくて、しかも音楽番組出演ゼロ、雑誌の表紙ゼロと、プロモーションも全く行えない中で米ビルボードHOT100の51位までランクインしたのは本当にすごいことです🥹

楽曲作りには、ジンさんが仲良しのColdplayに自ら電話をかけて依頼。そして作詞にも携わってアミへの純粋な想いを「The Astronaut」に込めてくれています。

リリース後は、Coldplayのブエノスアイレス公演に登場して「The Astronaut」を披露してくれました。

その時のクリス・マーティンさんとのハグ、子供のように両手を大きく広げてクリスさんの胸に飛び込んでいくジンさんの姿は、アミにとっても忘れられない瞬間になりました🥲

ユンギさん プロデュース曲もHOT100に

ユンギさんはソロでリリースした「Daechwita」「Haegeum」に合わせて、プロデュースや楽曲提供で参加した「Girl of My Dreams」「That That」「Stay Alive」もHOT100入りさせていて、かなりの売れっ子音楽プロデューサーと言えます😎

自身の曲は全て歌うだけじゃなく作っていて、他のアーティストに提供した曲でも結果を出していて、それってものすごい強みだと思うのです。

生前の坂本龍一さんともコラボが実現したのは、ユンギさんの音楽に対する姿勢が誠実であったからこそではないかと感じました。

自分でも「作曲ができるからBIGHITのオーディションに合格したのだと思う」ってユンギさんが言っていましたが、大好きな音楽を追求してヒット曲を生み出し続けるなんて、、ほんと尊敬です。

ホビさん BTSソロで初めてHOT100入りの快挙

ホビさんは、BTSのソロ曲ではじめてHOT100に入ったメンバーです。

Becky Gさんとコラボした「Chicken Noodle Soup」は2019年10月にHOT100で81位に。

当時はまだソロ活動なんて全くしていない頃で、グループとしてワールドツアーや音楽番組でのカムバ、多くのコンテンツの撮影など慌ただしく活動する中でリリースした曲が大ヒットとなりました。

原曲は2006年にヤング・ビーとDJウェブスターがリリースした「Chicken Noodle Soup」で、小さな頃にこの曲に影響を受けたというホビさんとBecky Gさんがサンプリング。

そのほか3曲をHOT100入りさせたホビさん。

ホビさんの活動には歌やダンスに対する熱い想いや敬意が感じられるので、いつも感動させられます🥹

ナムさんは「Wild Flower」でHOT100に

ナムさんは2022年12月にリリースした「Wild Flower(野の花)」がHOT100に入りました。

ナムさんの作る曲は心の中の静かな葛藤や、日常のありのままの姿が描かれることも多いです。

こうしたシンプルなテーマの曲で、しかもダンス曲でもないのにHOT100に入るのは実はすごいことだと思います。

ナムさんがソロ曲の順位なんて気にしていないことは確かですが、、😂応援している立場としては嬉しいですね。

ジミンちゃん BTSソロで初めてHOT100で1位に!

ジミンちゃんは「Like Crazy」でHOT100の1位を達成👑

BTSメンバーのソロ曲として初めてのビルボード1位であり、韓国人ソロアーティストとしても初めての快挙となりました。本当にすごいことです!

ジミンちゃんはインスタにHOT100のトップ10の画像を貼って感謝を表していましたし、ナムさんやホビさんも祝福のリプをしていましたね。

「Like Crazy」を含む4曲がHOT100入りを果たしたジミンちゃん。しかも4曲中3曲は作詞者としてもクレジットされています👍

テヤンさんとのコラボ曲もHOT100入りしており、

現在はもう1枚アルバムを出す準備中とのことです。

テテはOSTからソロ曲まで HOT100 に

テテは2022年12月にリリースしたOST「Christmas tree」で初めてHOT100 79位に入り、2023年リリースのソロ曲も2曲がチャート入りしました。

初のソロアルバムのタイトル曲である「Slow Dancing」は初登場51位でした。

テテはソロアルバムの全ての曲にMVを制作して、ヨンタンがデザインされた4種類のアルバムを発売。

音楽番組やバラエティ番組にも数えきれないくらいにたくさん出演し、日本まで足を運んでの盛大なプロモーション活動にはびっくりしましたね😂

ジョングクさん「SEVEN」でHOT100 1位に

ジョングクさんもジミンちゃんに続いてソロ曲「SEVEN」でビルボードHOT100の1位に輝きました🥳

「SEVEN」はリリースから約2ヶ月たった今も「Billboardグローバル」などで記録を塗りかえ続けており、このあとにリリース予定のジョングクさんのソロアルバムも注目されています。

その他「Stay Alive」や「Left and Right」などもランクインさせていて、リリース曲自体が少ない中で確実にヒットを飛ばしているようです。

HOT100にランクインしたBTS曲の順位

ここまで、メンバーソロ曲のHOT100順位を紹介したので、次はこれまでHOT100チャートに入ったBTSの曲を順位とともに紹介します。

リリース日の古い順に一覧にしています🙂

  • 「DNA」67位|2017年10月14日
  • 「MIC Drop」28位|2017年12月16日
  • 「FAKE LOVE」10位|2018年6月2日
  • 「IDOL」11位|2018年9月8日
  • 「Waste It on Me」89位|2018年11月10日
  • 「Make It Right」76位|2019年11月2日
  • 「Boy With Luv」8位|2019年4月27日
  • 「Black Swan」57位|2020年2月1日
  • 「On」4位|2020年3月7日
  • 「Filter」87位|2020年3月7日
  • 「My Time」84位|2020年3月7日
  • 「Dynamite」1位|2020年9月5日
  • 「Savage Love(リミックス ver.)」1位|2020年10月17日
  • 「Life Goes On」1位|2020年12月5日
  • 「Fly to My Room」69位|2020年12月5日
  • 「Blue & Grey」13位|2020年12月5日
  • 「Telepathy」70位|2020年12月5日
  • 「Dis-ease」72位|2020年12月5日
  • 「Stay」22位|2020年12月5日
  • 「Film Out」81位|2021年4月17日
  • 「Butter」1位|2021年6月5日
  • 「Permission To Dance」1位|2021年7月25日
  • 「My Universe」1位|2021年10月9日
  • 「Yet To Come」13位|2022年6月25日
  • 「Run BTS」73位|2022年6月25日
  • 「Bad Decisions」10位|2022年8月20日
  • 「Take Two」48位|2023年6月24日

BTSがHOT100で1位になったのは6曲

上記の通り、BTSが米ビルボードHOT100で1位を獲得したのは現在までのところ6曲になります。

はじめて1位になった曲は2020年の「Dynamite(ダイナマイト)」で、新型コロナのパンデミックで世界経済が落ち込む中、BTSの存在が明るい光となって勇気づけられた方も多かったようです☺️

ソロでもBillboardで存在感を高めているBTS

グループとしてもソロアーティストとしても、全員が米ビルボード HOT100にランクインしたBTSメンバー🙂

これからもチャートインがあれば、記事を更新していきます。

目次