>> BTSメンバーからの10周年メッセージ

「テテジェニ破局」兵役直前に破局報道を出した理由を考察してみた

テテジェニ

2023年12月6日、海外メディアからテテとジェニさんが破局したという記事が出ました。

そもそも交際を認めてもいないのに破局とか言われても「知らんがな」という感じなのですが、、、😂

テテは来週月曜日に入隊します。

入隊直前のタイミングで、事実上の破局発表。。交際宣言もしていないのに破局宣言。どういう意図があると思いますか?

今回の記事では、私の個人的な見解を書いてみました。

真実は分かりませんので、あくまでも自分はこう思うよ〜ってことです。

目次

お金のために爆誕したビジネスカップル

これまでテテジェニのことはさんざん記事にしてきたので、もはや触らぬ神に祟りなしで、何も書きたくなかったです、、

一応、私の中ではひとつの結論が出ていて、たぶん多くの人が同じように感じたのではないかと思うのですが…

テテジェニは提携するブランドの商品を宣伝するためのビジネスカップル」なんじゃないか、と。

これは情報交換している海外のアミさんも同じ意見でした。

ある時はブランドの宣伝、ある時は不都合な事実を隠すスケープゴート。その時々で色んな役割を引き受けるビジネスカップルだったのではないかと、個人的には感じました。

それではなぜ、わざわざ「破局報道」をテテが兵役に行くタイミングで出さなければいけなかったのでしょう?

このまま煙のように消えても良かったじゃないですか?

テテジェニが破局報道を出さなくてはいけなかった理由

ブランド名は出しませんが、私はいくつかのブランドに直接問い合わせたのです。

テテジェニが付き合ってるようにして、2人のカップルアイテムのように露出して、それを信じて商品を買っているファンがたくさんいる。

それってステマじゃないのですか?と訊きました。

付き合っているように見せるさまざまな工作をした上で、カップルアイテムを身に付けさせてブランドや商品を宣伝する。

でも宣伝していることは消費者には分からず、2人が純粋にカップルアイテムを身に付けていると信じて客が購入していたなら、それはステルスマーケティングです

日本でも韓国でもアメリカでも、ステマは違法行為。

特に韓国では有名人によるステマが大きな問題になって規制が強化されているのです。

ですので、2人が付き合っていない場合は違法になるのではないですか?と、メッセージを送りました。

そのブランドから来た回答では、ステマを否定していませんでした。もちろん肯定もしませんでしたが。

もしもステマじゃないのにステマと言われたら、ブランドイメージが傷つくわけですから全力で否定しますよね。

でも、しなかったのです。

テテジェニに商品を提供したか?の質問にも、回答を避けました。

提供していないならしてないと、「No」だと答えれば良いだけ。なぜ回答できないのでしょう。

そして、もしあれが提供品であるなら、やはりそれはステルスマーケティングなのではないですか?

付き合っていた既成事実を作るための破局報道

そこでこの記事の本題「なぜ兵役直前に破局発表をしたのか」という謎ですが、おそらくテテジェニ自体が兵役までの契約だったのではないでしょうか。

テテが兵役に入るタイミングで、テテジェニはおしまいなのでしょう。

いまだにジェニさんがテテのことを匂わせているのは、「不本意な形でテテにフラれたから憂さ晴らしをしている元彼女」を演じて、注目を集めているだけだと思います。

ジミンちゃんと噂になっている女優さんも全く同じ演技をしているようです(韓国ってつくづく不思議な国ですよね、、🤔)

ただ、現在は、噂レベルでテテジェニは付き合っていると信じている人が多いものの、真相は分からないですよね。

このままだと、付き合ってるかどうか世間には分からない状態のままビジネスカップルの契約が終わってしまいます。

世間から「やっぱり2人は付き合ってなかったんだ」、と思われてしまうのです。

そうなった時に一番困るのは誰でしょうか?

カップルアイテムだということで荒稼ぎしたブランドではないですか?

なにがなんでも「テテジェニは付き合っていないけれど、過去には付き合っていた」という既成事実が必要なのです。

ビジネスカップルの契約が切れたから

契約が切れるまでは何も公に出来ませんでした。

付き合っていないのに付き合っているとは言えないからです。

しかし、付き合っていないと真実を言えばブランドとの契約が不履行になってしまいます

ですから契約が切れるタイミングで、本当に2人は付き合っていないので破局報道を出したのではないかと思います。

  1. 「現在付き合っている」といえば嘘になるから、今までは何も言えなかった
  2. でも「付き合ってない」と真実を言えばブランドから訴えられるリスクがあった
  3. ビジネスカップルの契約が切れたので、今後テテやジェニさんに新しい恋人が浮上する可能性もある
  4. もしそうなれば「やっぱりテテジェニは嘘だったんだな」と世間が思ってしまう
  5. そうなる前に「2人は以前は付き合っていたけど破局した」という既成事実が必要だった

最初に報道したのは、テテがBLACKPINKのリリパに来ていたという真意不明の記事をだしたことでお馴染みのJTBCです。

もしかしたら、ブランド側は本当に2人が付き合っていると伝えられて商品を提供していたかも知れません。

いずれにしても、ビジネスカップルの契約が切れたと同時に破局したという形をとっておかなければ、色々な方向に不都合が生じるのだと思いました。

本当のところは分かりませんし、もうどっちでも良いですけどね😂

もしもテテジェニがビジネスカップルでないなら、テテはHYBEとの契約更新に同意しないと思っていました。

テテがジェニさんの恋人で彼女を大切に思ってるとしたら、両事務所のジェニさんを悪者にするような対応は許せないだろうと思ったからです。

でも、テテは同意してHYBEとの契約更新にサインをしました。

一方で、テテの全く知らないところでテテジェニが存在したとは思えず、彼もまたテテジェニ劇団の所属俳優であったことも間違いないのではないかと、個人的には思っています。

テテは、ジェニさんとのビジネスカップルを受け入れていたし、その上で、契約更新にも同意した

というのが、

私が最終的に感じ取ったことです。

それならもう何もテテのことを心配する必要は全くないのだと、私自身は思いました🙂

目次