>> BTSメンバーからの10周年メッセージ

テテとグクさんとシカの彫刻の行方

1月にしろくまへの記事リクエストを募集したところ、たくさんのリクエストをいただきました🙇‍♀️

中には質問も多かったので、一部の質問と答えはこちらの記事にして公開しました。

今回は、いよいよリクエストしてもらった記事を書いてみようと思います。

みなさんからもらった100近いリクエストのほとんどは、テテやグクテテに関することでした🙂

色んな質問などもあったのですが、一番多かったのは、「これまでに記事にしてないようなエピソードが知りたい」という意見。

なので今回は、あまり注目されていない、知っている人も少なそうなことをあえて記事にしてみました。

もしかしたらテテとグクさんは同じところに住んでいる?あるいは同じ場所を拠点にしている?かも知れない…。

と、私がずっと妄想してるだけですが、、、

それをちょっとまとめてみました😊

目次

テテはアペルバウムで1人暮らし?

まず、テテが住んでいる場所について書いておこうと思います。。

テテがいつもWライブを行っている場所は、皆さんご存知のアペルバウムですよね。

ソウル市にあるこの高級マンションをテテは2019年7月に購入して、家族を大邱から呼び寄せました。

テテのお母さんは大邱にあるウリ銀行の職員でしたが、テテと暮らすためにソウルへの移動を申し出て、ソウルにあるウリ銀行営業店に移動して働いていました。

なので、2019年からはテテ家族でアペルバウムで一緒に住んでいたはず、ですが、いつのまにかテテの1人暮らしになっていますよね…?

それってどういうこと?という疑問から。。

テテは高陽市にお引っ越し

テテが2022年9月に高陽市から「高額納税者」として表彰を受けたことは以前紹介しました。

どうしてテテは居住している(アペルバウムがある)ソウルではなく、

高陽市に税金を納めているのでしょうか??

その点について高陽市は「テテの財産が高陽市にあるから」と説明していました。なので、私も当時テテのプライバシーを守るために、そのように記事で紹介しました。

ただ、住んでいる場所じゃなくて財産のある場所に納税するなんて、聞いたことないです🥹

というか納税義務につながる財産なら「不動産」しかありませんから、高陽市に自宅があるということは誰の目にも明らか。

実際にディスパッチをはじめとする多くの韓国メディアがテテの本当の住所を報じていて、隠す理由もあまりないと思うのです、、、

ということで、本題ですが、

テテは数年前ソウルから高陽市に引っ越しして、そこが自宅になっています。

2022年9月の韓国ニュースから…

「この日の授賞式(高陽市高額納税者の表彰)でV本人は日程上出席できず、父親が代理受賞して喜びを交わした。

Vはソウルから引越してきて、現在は高陽市一山東区の〇〇に居住している。

(細かい住所は隠させてもらいます🙏)

ヨンタンの居場所を聞かれたテテが「実家」と言っているのは、高陽市の自宅のことをさしているのだと思います。

高陽市と、ジョングクさん

この、高陽市一山東区というテテの自宅がある場所、、

覚えていますか?

以前ジョングクさんのサインが「LIKE LIKE」というお店にあるという情報が出た時、思わず興奮して記事を書いてしまったのですが…🥺

ジョングクさんのサインがある「LIKE LIKE」のある場所が、高陽市一山東区なのです。。

(上記の記事では、まだ細かいことは書くのを控えていました)

ジョングクさんは番組の撮影や授賞式のために仕事で高陽市に行ったことは何度かあるのですが、2022年に高陽市で撮影などは1度もありませんでした。

なので、たぶんジョングクさんはプライベートで高陽市一山東区に行ったんですよね、、

ピンポイントで、

その場所に。。

お店でジョングクさんのサインを偶然見つけたアミさんのブログ記事も参考に。

お店のインスタにジョングクさんのサインがうつりこんだのも、上記のアミさんが偶然ジョングクさんのサインをみつけたのも、どちらも2022年5月以降。共通しているんです。。

テテの自宅と目と鼻の先にあるブランチカフェに、どうしてジョングクさんが来店して、サインまで残したのでしょう。

その前年の2021年って、

グクテテにとってすごく意味のある年だったのだろうと、個人的には思っているのです。

詳しくはこちらの記事を読んでいただきたいのですが、、

そんな2021年を経て、2022年にジョングクさんがテテの自宅近くのブランチ屋さんに立ち寄ってサインを残しているのは…どういうことなんでしょう🤔

なんだか偶然とは思えないのです。

もしそれが偶然ならば、2021年のあれこれはきっと幻(まぼろし〜)ですよね🥲

テテが2019年に買ったシカの行方

テテが2019年の韓国国際アートフェア(KIAF)で購入したシカをご存知でしょうか?

キム・ウジンさんの作品である、このカラフルなシカは全長2.5mという大きさ。

普通のお家の室内には飾れないサイズです。

ずっとこのシカの行方が気になっていたのですが、高陽市の新しい自宅なら、お庭にキム・ウジンさんのシカを飾れますよね。

なぜならシカといえばジョングクさん(シカの目をした少年)だから、否が応でも気になるじゃないですか🤭

皆さん、このシカの色使いに注目してください。

見覚え、ありますよね?

すぐにわかった人いますでしょうか😂

これです。

テテの絵

テテが2021年12月にインスタに投稿してくれた自作の絵ですね。色使いが同じです。

テテの座右の銘とも言える、「You make me wanna be a better man」の言葉も入っています。

この絵には、ジョングクさんの顔のようにほくろや傷が描かれているのではないか?という説もあります。

テテが買ったシカと同じ色使いで描かれた肖像画

どんな意味があったのか、テテに訊いてみたいですね🧐

テテが2019年にKIAFで買ったのは、シカとピノキオ

ピノキオはいつものお部屋に飾られていますが、シカはまだ一度も出てきていないですよね。。

想像ですが、テテの高陽市の自宅ってすごくアートなお家なのじゃないかな?と。。

ジョングクさんも時々お邪魔していたりするなら、すごく幸せ空間じゃないですか☺️?

安心できる郊外のお家でテテとグクさんが色々と創作したりして、そしてグクさんは1人でぶらりとブランチを食べてサインを残したり。

そうだったらいいのになぁと、心から思うのです。

これまでテテとグクさんが2人で作り上げたものは、何一つ、決してリリースされることはありませんでしたが、

そんな中でも、

もしかしたら高陽市では2人で仲良く過ごす時間もあったのかかなぁ。。

なんて、

想像するだけで、楽しくなってくるのでした😌

目次