【TBSチャンネル】BTS 番組一覧表

HYBEがADORに監査権を発動、ミン・ヒジン氏に辞任要求

HYBEが子会社のADORに対して監査権を発動し、さらに株主権を行使してADORの株主総会招集とミン・ヒジン代表の辞任を要求したことで韓国の株式市場が揺れています😯

HYBEは最近、ADORが水面下で親会社であるHYBEから独立を試みていることを即座に察知して、監査権を発動していました。

HYBEの監査チームは22日朝、ADORの経営陣の業務エリアを訪れて、会社の電算資産の回収と直接証言の確保に着手したとのことです。

目次

ADOR「HYBEからの独立計画」

HYBEがADORに対して出した質疑書には、「ADOR経営権奪取の謀議内容、事業上の秘密流出、人事請託」など、ADOR経営陣が犯した不正に対する事実関係を尋ねる内容が含まれているそうです。

関係者によると、ADOR経営陣は今年初め頃、HYBEから経営権を奪取するための計画を立てたようです。

その作戦「経営権確保計画」が割と姑息で、、、

まず、「親会社であるHYBEが、ADORに不当な要求をした!」という虚偽を流します。

それで世論を悪化させ、HYBEが保有しているADOR株式の持分80%を、現ADOR経営陣に友好的な投資家に対して売却させる、というシナリオでした。

そのため、ADOR経営陣は、証券会社のアナリストや海外投資諮問会社、私募ファンド(PEF)、ベンチャーキャピタル(VC)の関係者などに、売却構造のアドバイスを受けたりもしていました

(そりゃ外部に相談したら、話が絶対に漏れてバレちゃいますよ、、😂)

その過程で、ADORとHYBEの間に締結された契約情報などを任意に流出させたことも分かっています。

また、HYBEを糾弾するためのカードとして、HYBEアーティストに対する不正世論形成作業とアーティストの両親に対する懐柔作業も秘密裏に進めていました。

ADOR経営陣で公認会計士出身のA氏は、HYBE在職中から内部の重要情報を外部に流出させていたとも疑われています。

HYBEがADOR株主総会を要求

ADORの数々の動きがある中、

今日4月22日、HYBEはADORの取締役会に対して、株主総会の招集を要求

理由は、「経営権の奪取を試みた現経営陣に対する責任追及。そして、HYBE側から追加で取締役を任命するための措置」と見られています。

ADORはミン・ヒジン代表が2021年に設立したHYBE傘下のレーベルです。

HYBE傘下とはいえミン・ヒジン氏が代表の会社なら、「独立を画策しても良いんじゃないか?」と思いますが、そうはいかないのです。

なぜなら、先ほども書きましたが、ADORの株式はHYBEが80%を保有しているからです。残りの20%は、ミン氏を含むADOR経営陣が保有しています。

大株主、特に親会社が多数の株式を持っている場合、その会社の意思決定プロセスはほぼすべて握られていると考えて良いと思います。

今回のケースで言うと、株式の80%を保有するHYBEは議決権も掌握しているため、通常、ADOR取締役の選出や重要な経営判断に直接影響を及ぼします

ADORは1つの子会社であるように見えても、実際はHYBEの1部署であり、ミン・ヒジン氏は「代表」という冠を与えられた1人の従業員に他ならないと、個人的には感じています。

ミン・ヒジン代表は、SMエンターテインメントで少女時代、SHINee、EXOなどの有名アイドルグループのコンセプトやブランドを担当し、名声を得ました。

HYBE移籍後は、龍山の新社屋のスペースブランディングやデザインも担当。

その後、ミン氏が直接育てたとされる「NewJeans」は2022年にデビューし、次々とヒット曲を生み出しています。

ミン・ヒジンは解雇される?

HYBEの要求するADORの株主総会が開催されるかは不透明ですが、開催せざるを得ないでしょう。

株主総会の招集にはミン・ヒジン代表が掌握する取締役会の承認が必要なので、ミン氏が応じなければ株主総会を開くことはできません。

しかし、この後に及んでミン氏が拒めるわけもないような気がします🤔

万が一HYBEとの関係がこじれた場合、ミン氏にとって得るものは何もなく、全てを失うことは目に見えています。

ミン代表を除くADOR社内取締役2名は、SMエンターテインメント時代からミン代表と共に働いてきた側近です。

もしもミン代表と取締役が応じない場合は、HYBEは株主総会の仮処分申請などの法的措置を取る可能性が高いです。

結果、裁判所の判断により株主総会が開催されると、HYBEが指名した取締役がADORの取締役会に加わるでしょう。

どっちみち、これは避けられないと思います。

ミン・ヒジンさんもよく分かっているでしょうから、抵抗はしないように思うのです。。

HYBEはすでにミン・ヒジン代表の辞任を要求する書簡も発送したと伝えられています。

業界では、取締役会を掌握しているミン代表が辞任を拒否し、HYBEに対して攻勢に出ると見られているそうです。

でも、なんだか、眉唾な話に感じます。

実際、ミン氏が攻勢に出られるものでしょうか?この報道が全て事実なら、攻勢した場合は逮捕される可能性もありますよ。。

NewJeansは7月に東京で大規模ファンミーティングを予定しているそうです。

開催はどうなるのでしょうね?

HYBEがここまで動いている以上、もうミン・ヒジン氏がADORを続けることは難しいような気がしますが…。

スポンサーリンク

目次