>> BTSメンバーからの10周年メッセージ

【グクミン】「韓国軍では同伴入隊をすると認識票を交換」は本当?遺体はどうやって見分ける?

韓国軍の認識票

Xのおすすめでずっと、「韓国軍では同伴入隊すると認識票(군번줄)を交換する」という話が繰り返し出回っていて驚いています。。

しかもこの話を拡散しているのは韓国在住の日本人アミさん💦

だから、ジミンちゃんとジョングクさん(グクミン)も認識票を交換してお互いのものを身につけているだろう、、と言いたいようです😞

画像引用元

自分のご長男が同伴入隊をされたそうで、その経験から「同伴入隊をした場合、その2人は2枚ある認識票の1枚を交換する」と主張されているのです。

つまり、AさんとBさんが同伴入隊をするとお互いに認識票の1枚を交換するため、2人ともがAとBの認識票を携帯すると、、

これ、、本当ならかなりとんでもない話なのですが。

目次

兵士は必ず「自分の認識票」を身につけなくてはならない

認識票は、有事などで兵士が亡くなった場合の身元確認で使われるものです。兵士である限り必ず付ける必要があり、ジュネーブ条約でも規定されています。

戦場で死んだ軍人の身元がすぐわかるように、各人が身につける、名前その他を刻印してある金属製のプレート。1949年の第一、第二ジュネーブ条約は、戦死者識別のため複式の認識票の一片を、単式の認識票の場合には認識票を死体に残さなければならないと規定している。

認識票が2枚ある理由

認識票が2枚あるのもきちんと理由があります。

同伴入隊で交換するためではありません。

使用する枚数も国によって異なるが、二枚式の場合は両方に、一枚式の場合は折り取れるようにしておきその上下双方に、同じ内容を打刻する。戦場において戦死した際に一方を回収、これを戦死報告用とし、残りは判別用に遺体に付けたままにする

また、韓国のサイトには、死体の身元確認及び、即座に輸血が必要な場合に備えて血液型などの必須情報が刻まれています。と書かれています。

인식표 – 나무위키

同伴入隊の2人が同じ認識票を2枚ずつ持っていたら…

兵士ですから、もちろん戦地に赴く可能性もあるわけで、発見された時には遺体だったというケースもあります。

また、瀕死の状態で会話が難しい場合もあるでしょう。

その時、身元確認が困難な状況であっても、認識票があれば誰だか分かって、適切な対処ができるのです。

しかし、それをAさんとBさんが「A、Bの認識票」を2枚ずつ全く同じに持っていたらどうなりますか?

どちらがAさんかBさんか分からないじゃないですか?

どうやって見分けるのでしょうか?

事実であれば韓国軍は何のために認識票を発行するのか謎ですし、ジュネーブ条約に違反していることになると思いますが…。。

目次