>> BTSメンバーからの10周年メッセージ

BTSメンバーなりすまし|未公開音源を無断で流出の被告に判決

HYBEと再契約したBTSメンバー

元音楽プロデューサーの20代男が、BTSのメンバーだと偽って未公開音源をSNSに流出させた事件。

一審判決が出ましたのでお知らせします。

目次

BTS未公開音源流出で懲役1年の実刑

今回判決を受けた20代男性のA氏は、自分をBTSメンバーだと詐称して、兵役関連の情報や未公開音源を無断で収集、流出させた疑いで起訴されていました。

ソウル中央地裁の判事は1月19日、情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律違反などの疑いで起訴されたA被告(29)に懲役1年を言い渡しました。

A氏は判決を不服として、23日に控訴状を提出しています。

「自分はSUGAだ」と詐称

A氏は携帯電話を使って自分がBTSメンバーであると詐称。

アルバム制作プロデューサーに接近した上で兵役関連情報を収集、未公開ガイド音源なども伝送させた疑いで拘束、起訴されていました。

具体的には、A氏は2022年8〜9月頃、ユンギさん(SUGA)だと偽ってプロデューサーB氏に連絡を取り、B氏から未公開ガイド音源などを伝送されました。

同年11月頃には、今度は「自分がB氏だ」と詐称します。

B氏を装ってユンギさん(SUGA)さんに連絡を取り、アルバムのリリース関連情報や発売日、また入隊時期や兵役関連情報を収集しました。

「自分はV(テテ)だ」とも詐称…

さらに、A氏は自分をテテ(V)だとも詐称しながら、他のプロデューサーから10曲以上の未公開ガイド音源ファイルを受け取ったことが分かりました。

(A氏もA氏ですけど、HYBE関係者ってどれだけ騙されるんですか、、😞)

またA氏には、一般に公開されていないBTSのアルバム発売関連情報、未公開音源情報、HYBE所属歌手の個人情報および身元情報、日程などを無断で流出させた業務妨害の疑いも適用されています。

判事はA氏の犯行理由について、「成功した作曲家だと詐称しながら、人々からの注目を集めるためだった」として、「同様の犯行で捜査や裁判が進行している最中にも犯行を継続していた」と指摘しています。

再犯のA氏に懲役1年は妥当?

なんと、A氏は過去にも同種の犯行で実刑を受けているにもかかわらず、またも同じことを繰り返していたそうです。

そんな悪質なA氏に対して懲役1年というのは妥当なのか、気になるところです。

判事によると、「現在、反省する態度を見せているから」だそうですが、確か、捜査中にも犯行を続けていたんですよね…?

A氏は過去に有名アイドルグループの楽曲にも参加している音楽プロデューサーですが、それなら、なおさら悪質だと思うのは私だけでしょうか🤔

内部の苦労を分かっていながら、メンバーを詐称して何度も同じような犯行を繰り返すというのは、単純に注目を集めたいだけではないように感じてしまいます。

目次