>> BTSメンバーからの10周年メッセージ

BTS所属のUMG(ユニバーサルミュージック)がTikTokから音楽を削除…メンバーへの影響は?

ユニバーサル ミュージック グループ(UMG) は、「1月31日にTikTokとの契約が期限切れになれば、TikTokから音楽カタログ全体を削除する」と発表しました。

その理由について、「TikTok側が公正な価値を支払わずに音楽ベースのビジネスを構築しようとしている」としています。

公開書簡の中でUMGは、TikTokが「我々の総収入の約1%」しか占めていないと主張。

そして、「TikTokが巨大に成長するユーザーベース、急上昇する広告収入、音楽コンテンツへの依存度の増加にもかかわらず、アーティストや作詞作曲家への補償がいかに少ないかの証拠だ」と述べています。

つまりTikTokから音楽使用料として受け取る収益はUMGにとってはほんの僅かな、あってもなくても分からないほどの金額であるにも拘らず、TikTok側はUMGの音楽を利用して巨大に成長し、巨額の広告収入を稼いでいる、と。

UMG広報担当者はロイター通信に対して、「UMGの全楽曲は水曜日に契約が満了した時点で同サービスから削除される」と回答しています。

UMGは、TikTokとの交渉が行き詰まったとき、TikTokがUMGを脅迫しようとしたと主張。

「”特定の発展途上のアーティストの楽曲を選択的に削除 “する一方で、より大きなスターをプラットフォームにとどまらせようとした」のだそうです。

力のないアーティストは切り捨てて、その分を有名ミュージシャンに還元しようとしたわけですね。

UMGは「TikTokの手口は明らかだ。そのプラットフォームの力を使って、弱い立場のアーティストを傷つけ、音楽を過小評価し、アーティストやソングライター、そしてそのファンを短絡的に扱うような悪い取引に譲歩するよう、我々を威圧しようとした」と文章に書いています。

TikTokはAIの技術を利用した音楽制作を推進していましたが、それ自体にもUMGは懸念を感じていたとのことです。

というのも、TikTokは2023年、SpotifyやApple Musicに対抗するため、一部の国でTikTok Musicを立ち上げました。

そして、ユーザーがプロンプトを使って曲を作成できる「AIソング」機能を試験的に導入したのです。

これについてUMGは、TikTokが「AIが作成した音源でプラットフォームが溢れることを許容している」と非難しています。

UMGは、ユーザーがAIによる音楽制作に没頭できるツールを開発することで、TikTokは「AIによるアーティストの置き換えを後援している」とし、TikTok上の著作権侵害コンテンツの削除を求める唯一の手段は、”デジタルもぐらたたきに等しい、途方もなく面倒で非効率的なプロセス”だと、主張しています。

そもそもAIはネット上にある情報を網羅して新しいものを作り出すので、全てがパクりと言えばパクリですよね。

最近ではAIによるイラストや写真も問題になっていますが、疲れることもなく無限に生成できるAIの作った音楽が世界に溢れてしまえば、既存のアーティストの生き残りは厳しくなるのは当然です。

しかもAIが作った音楽というのは、これまでに存在している音楽から抽出されたパクリですから。。

それを音楽プラットフォームが認めて、推進してしまうことの危険性は理解できますよね。

すごく怖いです😨

TikTok側は、ソニーやワーナー・ミュージックを含む音楽会社ともUMGと同様の契約を結んでいるとして、問題はないとの認識をあらわしています。

UMGがTikTok上の音楽カタログを削除した場合、UMG所属アーティストだけではなく、同社の録音音楽部門によって配布および管理されているすべての音楽に影響が及ぶことになります。

UMGが権利を持っている代表的なアーティストには、ビートルズ、ボブ・ディラン、エルトン・ジョン、ドレイク、スティング、ザ・ウィークエンド、ケンドリック・ラマー、SZA、アリアナ・グランデ、ジャスティン・ビーバー、アデル、U2、コールドプレイ、ポスト・マローン、テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、ラナ・デル・レイ、ビリー・アイリッシュ、エミネム、ニッキー・ミナージュ、カロル・Gなど。

そして、K-POPアーティストでも、BTS、BLACKPINK、TOMORROW X TOGETHER、(G)I-DLEなど有名グループ、アーティストが数多く含まれています。

TikTok側は米Billboardに対して下記のようにコメントを出しました。

「ユニバーサルミュージックグループがアーティストやソングライターの利益よりも自分たちの欲を優先したことは悲しく、残念なことです」

「ユニバーサルの虚偽のシナリオやレトリックにもかかわらず、彼らは、ミュージシャンの才能のための無料のプロモーションと発見の手段として機能する、10億人をはるかに超えるユーザーを持つプラットフォームの強力なサポートから離れることを選択したという事実です。TikTokは、他のあらゆるレーベルやパブリッシャーと”アーティスト優先”の契約を結ぶことができた。明らかに、ユニバーサルの利己的な行動は、アーティスト、ソングライター、ファンにとって最善の利益ではありません」

もしも音楽カタログが削除され該当アーティストの音楽がTikTokで流れなくなれば、K-POP業界にもマイナスの影響が出ることは避けられないでしょうね。。

ジョングクさんのTikTokアカウントもどうなるのでしょうか…🤔

目次