【TBSチャンネル】BTS 番組一覧表

ジョングクさんが買った赤い本『Hマートで泣きながら』

「Hマートで泣きながら」を持っているジョングク

2023年6月5日のWラでジョングクさんが見せてくれた赤い本。

それは、ミシェル・ザウナーさんの『Hマートで泣きながら』でした。

グクさんは、手元にあった本を何気なく手に取ったように見せていましたが、、

たぶん……わざと見せましたよね😂

目次

ジョングクさんが持っていた『Hマートで泣きながら』とは?

『Hマートで泣きながら / Crying in H Mart』は、Japanese Breakfast として音楽活動も行っているミシェル・ザウナーさんの自叙伝です。

「Hマートで泣きながら」はアメリカ人の父と韓国人の母のあいだに生まれたザウナーが、思春期から衝突してきた母の闘病と死を経て、アジア食材を専門に扱うアメリカのスーパーマーケット「Hマート」と韓国料理を通じて自らのルーツを振り返り、喪失の痛みを乗り越えていくメモワール。

映画.comより

ジョングクさんはWライブの中でスティックを使ってドラム練習をしたあと、満足そうにスティックをしまい、おもむろにこの本を手に取りました

Hマートで泣きながらを手に持つジョングク

この表情↑🤭……よしそろそろ出すか、、って感じですね。

(日本語版と韓国語版・英語版は表紙の装丁が違います)

そして、しっかりこちらに本を見せてから、ページをパラパラめくって、、、

最近本を一冊買いました」と言って、そこに挟んである新刊のお知らせチラシを見つけます。。

🐰「なんだ?なんでこんなに長いの?」

じゃばらに折ってあった新刊案内チラシの長さに驚くグクさん

(確かに長い😂)

本に挟んであるチラシに対して、なんでこんなに驚いてるのかというと、、??

🐰「なぜか?まだ本を読んでないから

………

はい、グクさん、

まだ読んでないんです。。。

というか、たぶん買ったのもジョングクさんじゃないのでは、、🤫

グクさんが『Hマートで泣きながら』持ってた理由は…

韓国料理が出てくるとはいえ、レシピ本でもない。韓国にルーツを持つ女性の自叙伝。。

グクさんが読みそうには思えないですよね。

グクさんはあまり読書をしない人です。

最後まで読んだことがあるのは「星の王子さま」だけだと、自分で言っているくらい…。

2018年8月15日にアミへのおすすめ本として『星の王子さま』を紹介。2020年6月6日のユンギさんとのFMでも言及してます。

グクさんが実際に好きな本として題名を出して紹介したのは『星の王子さま』だけなんですよね。。

なので、「いつものように書店を見回して本棚に並んでいた女性の自叙伝が目につき、手に取って買って帰るグクさん」というのが、そもそも想像できない🙏

じゃあどうして『Hマートで泣きながら』をわざわざアミに「最近買った本」だと言って紹介したのかな?

映画化が決まっている『Hマートで泣きながら』

『Hマートで泣きながら』は映画化が決まっていて、今まさに準備が進んでいるそうなのですが、その配給会社がMGM傘下のオライオン・ピクチャーズです。

MGMといえば、HYBEは2022年4月にMGMと協業して「BTS PERMISSION TO DANCE THE CITY-LAS VEGAS」というイベントを開催しましたよね。

グクテテとホビさんで噴水を見に行った、まさにあのイベントを開催してたのがMGMです。

また、HYBEとの関係性が何かと話題のSMエンターテインメントは2021年にMGMとタッグを組んでグローバルオーディションを開催したりしています。

MGMテレビのマーク・バーネット プロデューサーは「K-POPは音楽というジャンル以上の意味を持ち文化的だ」と過去にK-POPを絶賛しているのです。

そして、『Hマートで泣きながら』の作者ミシェル・ザウナーさんとは、2022年のグラミー授賞式ですでに対面済み

BTSとミシェルザウナー

Instagram@jbrekkie

ということで、グクさん何気なく本を見せましたけど、

そこには色んな情報が隠されているような気がしました🤓

あえて裏表紙を見せるところや「まだ読んでない」と正直に話すところに、グクさんの人の良さがあらわれています😌

あと、Wライブではやたらとジミンちゃんのことを語って、ジミンちゃんの動画に合わせた動きをしてみたり、、

これもまあ伏線になるだろうと、個人的には思ったり。

今後ソロでの音楽活動が本格化すると考えられるジョングクさんですが、事務所的にはアメリカへの本格進出を狙っているのではないでしょうか🤔?

目標を達成するためにどういったプロモーションが一番効果的か。

すごく綿密に、時間をかけて計画が練られているような気がします。

スポンサーリンク

目次